コロナウイルスパンデミックの真っ只中で生まれた動物の赤ちゃん

今日はパンデミックのさなかに生まれた動物たちの赤ちゃんの記事を読みました。
英文記事を読むことは、世界の発信を知ることと、英語の勉強の一石二鳥ですね☺

新型コロナウイルスの感染がどんなに猛威をふるい、
ロックダウンが実施され、人々が自粛しても、
動物たちの生命活動は通常通り。

These baby animals were born during the coronavirus pandemic
「コロナウイルスのパンデミックの真っ只中で生まれた動物の赤ちゃん」

Many zoos and animal parks around the world may be closed to visitors, but that hasn’t stopped the circle of life from taking place within them.
世界中の動物園や動物公園などの施設が閉まっても、動物たちの生命のサイクルが止まることはありません。

シマウマのAshyちゃん、ヤマアラシのShallyちゃん、カメさん、ペンギンさん、アメリカパイソンの赤ちゃんたち

Guests should keep at least 100 yards between themselves and the protective moms.
「パイソンを見るときは、少なくとも100ヤード離れてみてくださいね」

And obviously with social distancing, groups of people need to stay away from each other.
「もちろん、見学の人々はソーシャルディスタンスの距離をあけてくださいね。」

リンクをクリックしてかわいい赤ちゃんたちの写真をぜひ見てください☺

https://edition.cnn.com/travel/article/baby-animals-born-during-covid/index.html

☆覚えておきたい表現
veterinarian             獣医
foal                             子馬
prehensile-tailed 物をつかみやすいしっぽの
porcupine                ヤマアラシ
keep up with           ~の最新情報を得る
calf                              牛や象の子

英語では、動物の種類によって子供たちの呼び方がいろいろあるんです。
ややこしいね😮
上記の foal 子馬、calf  牛や象の子 の他に
kitten                  猫の子
puppy                 犬の子
piglet                  豚の子
lamb                   羊の子
kid                       ヤギの子
fawn                    鹿の子
cub                      熊の子
chick                   ひよこ
duckling            あひるの子
gosling               ガチョウの子