第二次世界大戦中、史上最悪の東京空襲

コロナウイルスのパンデミックは「見えない敵との闘い」と言われ、
戦争に例えられることがよくあります。
「見えない敵との闘い」は本当に大変なことですが、
例えられる「本当の戦争」はどんなものなのか?

戦争を体験していない者にとっては、なかなか想像できません。
もちろん学校でも習ったし、テレビや本などで見たり読んだりして、
あってはならない悲惨な出来事であると認識していますが。

今日はCNNで第二次世界大戦の東京空襲についての記事がありましたので読んでみました。
過去に実際にあった出来事を、アメリカのメディアがどのように報じているのか興味があり読んでみましたが、
読むだけで恐ろしく震えそうになります。

私は以前に「Fly boys」を読んだことがあり、これも恐ろしい戦争の事実が書かれていましたが、
今回の記事も相当恐ろしいことが書かれています。
ウイルスは怖いけれど、実際の戦争がない社会に生きていることの幸せを感じずにはいられません。

英文記事を読むことは、世界の発信を知ることと、英語の勉強の一石二鳥ですね☺

History’s deadliest air raid happened in Tokyo during World War II and you’ve probably never heard of it
「第二次世界大戦中の史上最悪の東京空襲。おそらくみなさんは聞いたことがないでしょう。」

この記事は、実際に8歳の時に東京空襲を体験した少女(現在83歳)のお話をもとに書かれています。

防空壕に家族と共に逃げていた少女は、お父さんから
「今回の空襲はこれまでのものと全く違うようだ。ここはもはや安全ではない。今すぐ外へ逃げよう。」
と言われます。

外へ出てみると、そこはすでに地獄のような光景だったそうです。
人々は叫び、泣きわめき、逃げまどい、動けなくなった人々が山積みになっていたそうです。
火がついた赤ん坊を背負ったまま逃げる人や、家族と離れ離れになってしまって泣く子供たち、、、
そんな光景はとても想像できません。

The human toll that night exceeded that of the atomic bombings of Hiroshima and Nagasaki later that year, where the initial blasts killed about 70,000 people and 46,000 people respectively.
「東京空襲の一夜で亡くなった人の数は、その後の広島や長崎の原爆の一撃で亡くなった人(それぞれ7万人と4万6千人)を優に上回ります。」

But despite the sheer destruction of the Tokyo air raids, unlike for Hiroshima or Nagasaki, there is no publicly funded museum in Japan’s capital today to officially commemorate March 10.
「しかし、それほどひどい被害を被った東京空襲は、広島や長崎と違って、3月10日を追悼する公的施設などが何もありません。」

Allied bombing of Dresden in Germany in February 1945 roused a strong public debate on the tactic unleashing fire on civilian populations, on its 75th anniversary the impact and legacy of the Japan air raids remain largely unknown.
「1945年2月にドイツのドレスデンで一般市民に向けて放たれた爆撃については、激しい議論が巻き起こったのに、東京空襲についてはほとんど知られていないのが実情です。」

With over 80% of Japanese born after the war, some fear that younger generations are losing touch with that aspect of the past.
「戦後生まれが80%を越えた今の日本で、若い世代はますます過去との関わりがなくなっています。」

2002年には東京大空襲・戦災資料センターが設立されましたが、
彼女は過去を思い出すのが恐ろしすぎて一人では行けなかったそうです。

友人について行ってもらって、資料センターを訪れ、今思うことは、
I owed it to all those people who had died to tell others what happened that day.
「亡くなったすべての人に対して、その日実際に起こったことを他の人々に伝える義務が私にはあると感じています。」

https://edition.cnn.com/2020/03/07/asia/japan-tokyo-fire-raids-operation-meetinghouse-intl-hnk/index.html

☆覚えておきたい表現
human toll                                                  犠牲者数、死傷者数
sheer                                                         完全な
rouse                                                         かきたてる、奮起させる
obliterate                                                消し去る、全滅させる
don                                                            身に着ける
in single file                                            一列縦隊で
incendiary                                               発火力がある
let loose                                                   発する
as opposed to                                        ~とは対照的に
throw on                                                  ~をさっと身に着ける
fishmonger                                              魚屋さん
huddle                                                       身を寄せ合う
feel the effects of                                  ~の影響を受けている
buffet                                                         たたきつける
embolden                                                つけあがさせる
cinder                                                         灰
matter of factly                                      当然のことのように
capitulation                                             降伏
enrage                                                        激怒させる
unpardonable                                         容赦できない
inflict               苦しめる
push for                                                      ~を強く求める
dashed                                                        打ち砕かれた
charnel house                                          遺体安置所
lose touch with                                        ~との関わりがなくなる
face up to                                                   ~に敢然と立ち向かう
take one’s breath away                        息を呑ませる
glistening                                                   キラキラ光る