中国からの教訓:グローバル企業はどう変わるのか

今日は日本では緊急事態宣言を5月末まで延長する、というニュースがありましたが、
ここでは、海外ニュースを読んでいきたいと思います。
今は新型コロナウイルスの話題抜きにはいられないですよね。。。。

英文記事を読むことは、世界の発信を知ることと、英語の勉強の一石二鳥です☺

アメリカ、CNNニュースです。
「中国からの教訓:グローバル企業は今後どう変わるのか」

新型コロナウイルスの蔓延によって、企業の在り方も今後大きく変わっていくでしょう。

グローバル企業だけでなく、すべての企業にあてはまっていくと思います。

「ウイルス蔓延が終わっても、その前の世界には戻らない。」

The new strategies that companies are introducing won’t take life back to normal, according to business leaders and experts. Instead, they say the crisis could permanently upend the way we work, shop, and manage our businesses.

「働き方も、買い物の仕方も、ビジネスのやり方も一変し、元の姿に戻ることはない。」

This is the new normal.

「ニューノーマルができる。
ソーシャルディスタンスの考え方、オフィス内の少ない人数、デスクは離れて配置、テレワークなど、これらはコロナウイルス蔓延が収束した後も、新しいオフィスの在り方として残る。
より少ない人数が出勤するオフィスが当たり前になるだろう。
また、オンライン会議は通常のことになる。
これまで、普通に手で触っていたようなものが、触ることなくセンサーなどで操作することがますます増える。」

「このパンデミックは多くの企業にとって wake-up call(警鐘)であった。
サプライチェーンの在り方も大きく変わるだろう。」

よければ読んでみてくださいね。

https://edition.cnn.com/2020/04/30/business/lessons-from-china-business-coronavirus-intl-hnk/index.html

☆覚えておきたい表現
upend                     ひっくり返す
capitalize on        ~を十分に活かす
nudge                     動かす
hunker down       避難させる、しゃがみこむ
specter                   不安なもの、悪影響
lay bare                  あらわにする、露出させる
get in on                 ~ に参加する